毎日をハッピーに過ごす女性のための全く新しい動画ニュースマガジン
2016.11.16 » 7年 前

1分間で巡る世界の絶景


最近旅してますか?
日々の仕事に追われ、忙しいあなたのために、
死ぬまでに絶対行っておきたい世界の絶景スポットを紹介します。

s16
ボリビアのウユニ塩湖、パリアキャニオン、ジェームズボンド島・・・。
世界にはあなたの価値観を180度変えてしまう場所がまだまだたくさんあるのです!
次回の旅の目的地選びの参考にしてくださいね。

イタリア:チンクエテッレ

s1

チンクエテッレの意味はイタリア語で「5つの土地」。
その名の通り、5つの村が海岸線に沿って並んでいます。
イタリア屈指の観光地となっていて、世界遺産にも登録されてるんですよ。
カラフルな街並みが最高にカワイイですね。

ボリビア:ウユニ塩湖

s2

南米ボリビアの都市ウユニから小1時間車を走らせると
現れるのが、広大な塩の大地「ウユニ塩湖」です。
「天空の鏡」と呼ばれる奇跡の絶景は圧巻の一言です。

アイスランド:セリャラントスフォス

s3

アイスランド:セリャラントスフォス
セリャラントスフォスはアイスランド南部に位置する巨大な滝。
落差は最大で40mあり、滝つぼの裏には遊歩道があって、
滝を反対から見ることができます。
ファンタジー映画のワンシーンのような世界が広がります。

トルコ:パムッカレ

s4

一見、雪のようにみえる景観ですが、実はこれは石灰棚なんです!
正式名称は「ヒエラポリス-パムッカレ」。
「綿の城」という意味を持ちます。
世界遺産にも登録されているトルコを代表する観光スポット。
かつては温泉地として有名な場所でしたが、
現在は環境保護のため入場が制限されています。

アメリカ:パリアキャニオン

s5

『THE WAVE』と呼ばれる縞状の層が重なった美しく赤い砂岩。
それはまさに神が創った奇跡の芸術作品です。
『THE WAVE』は自然保護区になっていて、抽選によって1日20人しか
立ち入りを許可されていません。

タイ:ジェームズボンド島

s6

エメラルドグリーンの海から、そそり立つ巨大な石灰岩。
タイのパンカー湾にあるこの岩は映画『007・黄金銃を持つ男』で劇中に登場し
有名になり、今でも「ジェームズボンド島」と呼ばれ、親しまれています。

台湾:九份

s7

台湾旅行するなら一度は訪れるべき人気の観光スポットです。
あのジブリの名作『千と千尋の神隠し』のモデルになった街とも
いわれています。どこか懐かしく、そしてエキゾチックな街並み。
まるでオモチャ箱のような楽しさが溢れた街です。

ノルウェー:リーセ フィヨルド

s8

ノルウェー語で「光のフィヨルド」の意味を持つ、
全長42kmにもおよぶフィヨルド。
自然が持つダイナミックな力強さに圧倒されますよ。

ポルトガル:レガレイラ宮殿

s9

ポルトガルの首都リスボンの隣にある多くの世界遺産を有する街「シトラン」。
中でも「レガレイラ宮殿」(キンタ・ダ・レガレイラ)は井戸状になった螺旋階段、
謎めいたモニュメント、地下の隠された抜け道など、謎とロマンに溢れた
建物です。

日本:白川郷(岐阜)

s10

飛越の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群。
1995年に世界遺産にも登録された歴史ある町並み。
古き良き日本を感じることができる場所です。

マルタ:ポパイ村

s11

マルタ共和国にある集落。1980年実写版『ポパイ』のロケが行われたことで有名に。
当時のセットがそのまま残っていて現在はテーマパークとして公開されています。
美しい自然と、ポップでカラフルな街並みが見事に融合しています。

インド:チャンド・バオリ

s12

ニューデリーの南に230kmほど行ったところに位置する巨大な階段井戸。
神殿のような造りや、幾何学模様の階段は圧巻の美しさです。

 

アメリカ:ホースシューベンド

s13

アリゾナ州ペイジという南にある峡谷です。
岩の形が馬の蹉跌に似ていることから「馬の靴」の名がつきました。
長い時間をかけて自然によって浸食された美しい峡谷は
心を奪われます。

ドイツ:バスタイ橋

s14

ドイツのドレスデン郊外にある石橋。
断崖絶壁の岩場の架けられた橋で、
美しいエルベ川のを見渡すことができます。
ドレスデンを訪れる際には、絶対に行っておくべきスポットです!

フランス:モン・サン=ミシェル

s15

「西洋の驚異」と称されるモン・サン=ミシェル。
フランス西海岸のサン・ロマ湾の小島にそびえる修道院です。
世界遺産に登録され、年間約250万人もの観光客が訪れます。
まさに神秘的な美しさを感じることができる場所です。

 

いかがでしたか?

旅に出たくなりますよね。あなただけの絶景スポットを探しにいきましょう。

s16

“私たちは別の魂を求めて旅をする。
アナイス・ニン(Anais Nin)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です